読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【玉造稲荷神社】(たまつくりいなりじんじゃ)大阪市中央区

じゃらん旅行記 旅行 神社

【玉造稲荷神社】(たまつくりいなりじんじゃ)

 

旧社格は府社。 宇迦之御魂大神(稲荷神)を主祭神とし、下照姫命、稚日女命、月読命、軻偶突智命を配祀する。 社伝によれば垂仁天皇18年(紀元前12年)に創建され、当時は比売社と称していた。蘇我氏物部氏の戦いの際、 蘇我氏方の聖徳太子がこの地に布陣して戦勝を祈願し、戦勝後当地に観音堂を建てたという伝承がある。豊臣大坂城の三の丸に位置し、その鎮守社として豊臣家から篤い崇敬を受けた。戦国時代の戦火で荒廃し、慶長8年(1603年)に豊臣秀頼により社殿が再建された。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣で社殿は再び焼失し、元和5年(1619年)に徳川幕府大坂城代や氏子らの寄進によって再建された。

 

所在地:大阪府大阪市中央区玉造2-3-8
JR大阪環状線の玉造駅から徒歩5分。