読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神光寺と付近一帯の横穴式石室の後期古墳の群集地の散策。

神光寺と付近一帯の横穴式石室の後期古墳の群集地の散策をしました。 服部川の東方山腹にあり、谷一つ隔てて、郡川の法蔵寺に相対する。医王山薬師院神光寺と称し、曹洞宗蔭涼寺末である。享保年間(18世紀初め)に万徹和尚の開基で、薬師如来を本尊とし、本堂前に揚げてある“天玄堂”の扁額は、徳川光圀の帰依した東皇心越の書である。風景よく、参道には桜並木があり、桜の名所として知られ、春の花時には非常に賑わいを見せる。また付近一帯は、横穴式石室の後期古墳の群集地で、至る所に古墳がみられる。アクセス:神光寺までは、「服部川」駅から徒歩約18分(「服部川」駅より東方(高安山山頂)へ坂道を上がる。

www.jalan.net