読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山本八幡宮 (八尾市)

誉田別尊(応神天皇)を祀る。 享保元年(1716年)、石清水八幡宮より神霊を勧請し、山本新田の鎮守として分祀された。 1956年に社殿が改築され、現在に至っている。本殿は社殿の中に収まっている。 1994年から1997年にかけて社殿を除いたすべての施設に大幅な改修が行われた。 社務所・集会所・神楽殿は撤去され、境内北西角に鉄筋4階建てのビルが建てられた。 さらに敷地東側・玉串川の間に歩道が整備された。(それ以前は川岸ぎりぎりまで神社境内だった。) 正面にあった太鼓橋は撤去された。 所在地 : 大阪府八尾市山本町一丁目2-16

www.jalan.net