読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【阪合神社】(さかあいじんじゃ)八尾市小阪合町

【阪合神社】(さかあいじんじゃ)八尾市小阪合町 阪合神社(さかあいじんじゃ)は,近鉄大阪線河内山本駅の西南西500メートルに鎮座する。 社地は幹線道路に近いわりに静寂が保たれている『延喜式』(神名帳)所載の「坂合神社二座」(河内国若江郡二十二座のうち)に比定される古社である。「坂合」は「サカアヒ」とも「サカヒ」とも読む。 明治四十年(1907)年に矢作神社(八尾市南本町6丁目)に合併されたが,故地への遷座を望む声が高まり,昭和三十二年(1957)に旧地に再建された。現在の祭神は,瓊瓊杵尊彦火火出見尊であるが,鵜草葺不合尊が祭神を加えて三神としていた時期もある。 住所:大阪府八尾市小阪合町2丁目8-39

www.jalan.net