読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枚岡神社(ひらおかじんじゃ)は、大阪府東大阪市出雲井町にある神社。

枚岡神社(ひらおかじんじゃ)は、大阪府東大阪市出雲井町にある神社。式内社名神大社)、河内国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁別表神社。神紋は「下がり藤」。春日大社への勧請元のため、「元春日」の別称がある。枚岡神社は河内の国の一の宮近鉄奈良線枚岡駅から東へ歩いてすぐ坂の上にあります。境内の南には、梅の名所として知られる約500本の“枚岡梅林”がありその一帯は“「かおり風景100選」に選ばれるなど春にはたくさんの観光客でにぎわう人気のスポットです。枚岡神社の一の鳥居は、駅を挟んで線路の向こう側に立つ珍しいスタイルです。そこから約800m、石段を少し登って行ったところに木でできた二の鳥居があります。この二の鳥居の脇にある社名標は、1907年(明治40年)幕末・明治時代の重要な政治家であった三条実美の書で日露戦争戦勝を記念して建てられました。創始は古く、古事記日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇が即位される3年前(紀元前663年)に建てられたと言われています。四棟並んだ本殿には、第一殿に天児屋根大神(あめのこやね)第二殿に比売大神(ひめおおかみ・天児屋根大神の后神)が祀られており、のちに奈良の有名な“春日大社”が創建される際にこの2神の分霊が枚岡神社から春日大社へと移されて祀られました。 電車でのアクセスの場合は近鉄奈良線“枚岡駅”下車すぐ。 所在地:大阪府東大阪市出雲井町7番16号

www.jalan.net