読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平城宮(へいぜいきゅう、へいじょうきゅう)は奈良の古都平城京の大内裏

平城宮(へいぜいきゅう、へいじょうきゅう)は奈良の古都平城京大内裏。1998年(平成10年)12月、「古都奈良の文化財」として東大寺などと共に世界遺産に登録された。平城京の北端に置かれ、天皇の住まいである内裏即ち内廷と、儀式を行う朝堂院、役人が執務を行う官衙の所謂外朝から成り、約120ヘクタールを占めていた。周囲は5メートル程度の大垣が張り巡らされ、朱雀門を始め豪族の姓氏に因んだ12の門が設置され、役人等はそれらの門より出入りした。東端には東院庭園がおかれ、宴等が催された。この東院庭園は今日の日本庭園の原型とされている。

www.jalan.net