読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樟本神社(くすもとじんじゃ)は、大阪府八尾市にある神社。延喜式神名帳に「樟本神社 三座 鍬靱 河内国志紀郡鎮座」と記される式内社。

樟本神社 「延喜式神名帳には「志紀郡樟本神社3座」とあり、現在の木の本町、北木の本町、南木の本町に鎮座する樟本神社に比定される。  樟本神社創建の年代は詳かではないが用明天皇の御代(在位:585~7年)物部守屋が本拠地である稲城の守護神として崇めていた布都大神を奉祀されたものと伝えられる。 この神は 記・紀古伝によると悪疫邪霊を祓い病気平癒又鍬靱を司る農耕・武の神として広く村民の崇敬を受け現在に至っているという。  各々の境内に建てられてある説明碑はほぼ同じ内容であるが、木の本にある樟本神社のそれには、「南木の本、北木の本に分祀」と記されており、木の本の樟本神社が最も古い神社と思われる。 所在地:八尾市 最寄駅:J大和路線「八尾」下車、近鉄バス藤井寺駅」OR「八尾南駅前」行きで、各々「北木の本」、「南木の本」で下車。

www.jalan.net